施設概要

HOME > 施設紹介 > 施設概要

施設概要

大阪大学蛋白質研究所のNMR装置群は、世界最大級の磁場で稼働している950MHz NMRや700MHz 固体DNP、超高感度NMRなど世界最高クラスの性能を有し、400MHzから950MHzまで幅広い磁場の装置で構成されています。

大阪大学のプロジェクトの目的

目 的
本プロジェクトではこれら先端的なNMR装置群について産業界からの利用を促進します。また有効かつ継続的に産業界に供するため、課題ごとの技術指導、施設利用、課題解決という表面的なものだけでなく、産業利用を促進できる人材の育成と新たな利用ニーズの創製を目指しています。これらを通じて人材や産業の裾野を広げ、最終的にNMRや蛋白質の技術的・人材的な底上げを達成します。

主な事業参加者

藤原 敏道 (大阪大学蛋白質研究所 教授) 事業統括、固体NMR利用推進
児嶋 長次郎 (大阪大学蛋白質研究所 准教授) 事業運営及び企画、溶液NMR共用促進
松木 陽 (大阪大学蛋白質研究所 助教) 固体NMR共用促進
古板 恭子 (大阪大学蛋白質研究所 特任研究員) 共用促進リエゾンおよび溶液NMR技術指導研究員
江川 文子 (大阪大学蛋白質研究所 特任研究員) 固体NMR測定・技術指導
河原 郁美 (大阪大学蛋白質研究所 特任研究員) 溶液NMR測定・技術指導
服部 良一 (大阪大学蛋白質研究所 特任研究員) 溶液NMR測定・技術指導
深澤 隼 (大阪大学蛋白質研究所 特任研究員) 固体NMR測定・技術指導
ページの先頭へ