利用装置

HOME > 施設紹介 > 利用装置

利用装置

大阪大学蛋白質研究所のNMR装置群は、世界最大級の磁場で稼働している950MHz NMRや700MHz 固体DNP、超高感度NMRなど世界最高クラスの性能を有し、400MHzから950MHzまで幅広い磁場の装置で構成されています。
利用目的、研究課題に最適な装置をご提案いたします。

利用装置一覧

各装置をクリックすると詳細をご覧いただけます。

  • 固体
    500MHz
  • DNP固体
    600MHz
  • 固体
    700MHz
  • DNP固体
    700MHz
  • 溶液
    400MHz
  • 溶液
    500MHz
  • 溶液
    600MHz
  • 溶液
    800MHz
  • 溶液
    950MHz
500MHz
NMR 装置
(固体)
■目的(特長)
固体(JEOL RESONANCE社製)
■仕様・性能
三重共鳴プローブ 4.0mm, 3.2mm Triple (HXY) ECAII 参考スペクトル(試料) 1H 1D (Valine)
back next
600MHz
NMR 装置
(DNP固体)
■目的(特長)
固体(JEOL RESONANCE社製)
■仕様・性能
固体DNP専用装置 4.0㎜Double(HC,DNP) 395GHzジャイロトロン ECA II
back next
700MHz
NMR 装置
(固体)
■目的(特長)
固体(JEOL RESONANCE社製)
■仕様・性能
三重共鳴プローブ (4.0mm, 3.2mm, 2.5mm Triple (HXY)) ECA II 参考スペクトル(試料) 1H 1D (Valine) 1H-11B HETCOR
back next
700MHz
NMR 装置
(DNP固体)
■目的(特長)
固体(JEOL RESONANCE社製)
■仕様・性能
固体DNP専用装置 3.2mm Double (HC, DNP) 461GHzジャイロトロン ECA II
back next
400MHz
NMR 装置
(溶液)
■目的(特長)
溶液(Bruker Biospin社製)  SampleXpress (オートサンプラー、60検体対応)
■仕様・性能
三重共鳴プローブ TXI(1H, 13C, 15N) 二重共鳴プローブ BBI(インバース、多核種)、BBFO(19Fを含む多核種測定用) AVANCEIIIHD 参考スペクトル 19F screening by T2 filter
back next
500MHz
NMR 装置
(溶液)
■目的(特長)
溶液(Bruker Biospin社製)
■仕様・性能
極高感度二重共鳴プローブ  cryoBBO H/F   1H/19F, BB(19Fを含む多核種測定用) 冷却プリアンプ  1H/19F,BB,2H AVANCEIIIHD
back next
600MHz
NMR 装置
(溶液)
■目的(特長)
溶液(Bruker Biospin社製)
■仕様・性能
極高感度四重共鳴プローブ cryoQCI-P(1H,13C,15N,31P) 冷却プリアンプ 1H,13C,2H AVANCEIIIHD
back next
800MHz
NMR 装置
(溶液)
■目的(特長)
溶液(Bruker Biospin社製)
■仕様・性能
極高感度三重共鳴プローブ  cryoTXIプローブ(1H,13C,15N) 冷却プリアンプ  (1H ,2H) AVANCE III HD
back next
950MHz
NMR 装置
(溶液)
■目的(特長)
溶液(Bruker Biospin社製)
■仕様・性能
極高感度三重共鳴プローブ cryoTCIプローブ(1H, 13C, 15N) 冷却プリアンプ (1H, 13C , 2H)) AVANCE III 参考スペクトル(試料) 準備中
back next
ページの先頭へ